R+house(アールプラスハウス)川口東

一生住み続けたいマイホームだからこそ、
その選び方にはこだわりたいもの。

いい家をつくるための3つのポイントをご紹介します。

1コストの内訳を知り、無駄をなくそう!

注文住宅は構造上不可能でない限りは、お客さまのご希望通りに建てることができます。
天井の高さや収納の大きさなど、間取りや仕様をセンチ単位で指定することだって可能です。

そこで大切なのは、どのようなオーダーをしたらどれくらい値段が変わるのか、きちんと知っておくこと。

家を建てるときのコストは「原材料費」「手間賃」「経費」の3つに分けられます。

例えば標準の規格から柱の高さを10cm下げると、原材料費はカットした分高くつき、同時にその加工費用も発生します。打ち合わせや建築途中で仕様の変更が増えると、大工さんへの手間賃や経費も増えてしまいます。

これら「原材料費」「手間賃」「経費」の3つに目を向けて、どの部分に無駄があり、どのようにすればその無駄を省けるのかを考えることが重要です。

2「家の安全性」は大前提!

家は、家族の安全と命を守る存在。
自然災害が多く、とりわけ地震大国といわれる日本では、「家の安全性」は欠かせないポイントです。

そのときに大切なのが、地盤のチェック。
大切なマイホームが“もしも”のときに傾いたりしないよう、家そのものの耐震性能だけでなく、建物を支える地盤のチェックは事前に、かつ念入りに実施しましょう。

また安全で頑丈な造りであれば、どんな素材や建材でも使用していいわけではありません。家族の健康を考慮しながら建材を選ぶなど、安心して住める家づくりに取り組みましょう。

3家の「燃費」にもこだわろう

車を選ぶとき、「1リットルで何キロ走るか」と燃費を重視して選ぶ人は多いと思います。
ハイブリッドカーはちょっと高いけれど、5年くらいのスパンで考えると、ガソリン代を含めたトータルコストは普通の車より安くなったりもします。

燃費が大切なのは、車だけでなく家も同じ。むしろ車よりも付き合う年数が長いマイホームだからこそ、「家の燃費」はとても大事なポイントになります。

では、家の燃費とは一体何を指すのでしょうか?
一言で言うならそれは「光熱費」。冷暖房などのランニングコストが家の燃費にあたります。

一生住み続けたいマイホームだからこそ、燃費の良さにもこだわり、月々のランニングコストをできるだけ抑えていきましょう。

R+houseとは
建築家がデザイン無駄なコストを削減耐震性・省エネ性を重視安心の保証とメンテナンス
家づくりの進め方
資金計画いい家の選び方土地探しのコツR+houseの流れ
カクイホームの家づくり
カクイホームの家づくり
実例・お客様の声
建築実例お客様の声よくあるご質問
イベント情報
現地見学会(構造・意匠)賢い家づくり勉強会FP勉強会その他のイベントイベント参加申し込み
資料で勉強したい方
資料請求
会社概要・お問い合わせ
会社概要個人情報保護方針お問い合わせブログ

R+house(アールプラスハウス)