R+house(アールプラスハウス)川口東

『天然砕石パイル工法』

2019/11/08営業

「地盤改良」方法を選べることをご存知でしょうか。


地盤改良には敷地の地盤状況により

①表層改良工事  ②柱状改良工事  ③杭工事(鋼管杭、摩擦杭等)などの改良工事があります。


昨今、セメント系の改良工事において土と混ぜると発がん性物質である「六価クロム」が発生する恐れがあると言われています。六価クロムなどの重金属と病気のリスクが着目されており

胎児の健康に影響を及ぼしたり、皮膚疾患との関連性が疑われたりしています。


一般的にはほとんどの方が契約した住宅会社に任せているケースがほとんどだと思いますが

セメント系の改良工事を実施することで健康被害やその敷地を売却する際に不利益(既成杭の引き抜き撤去が必要になる場合がある)を被ることもあるようです。


そこでR+houseでは「天然砕石パイル工法」を推奨しています。その理由として…

天然砕石しか使わないので環境汚染を起こさない。

 ➡住む人の健康

砕石パイルとその周辺の地盤の支持力を複合させて地盤の支持力を高め、建物を支える

 ➡安心できる生活

改良された地盤は現状のまま100%リサイクルでき、撤去費用がかからない。

 ➡将来の資産価値


地盤改良工事に限らず、施主自身がしっかりとした知識を身に着けておくことは住まいづくりにおいてとても重要なことです。



最新の記事

    カテゴリ

      アーカイブ

        このブログを検索する

        このブログを検索する

        R+houseとは
        建築家がデザイン無駄なコストを削減耐震性・省エネ性を重視安心の保証とメンテナンス
        家づくりの進め方
        資金計画いい家の選び方土地探しのコツR+houseの流れ
        カクイホームの家づくり
        カクイホームの家づくり
        実例・お客様の声
        建築実例お客様の声よくあるご質問
        イベント情報
        現地見学会(構造・意匠)賢い家づくり勉強会FP勉強会その他のイベントイベント参加申し込み
        資料で勉強したい方
        資料請求
        会社概要・お問い合わせ
        会社概要個人情報保護方針お問い合わせブログ

        R+house(アールプラスハウス)